FBIとニューヨーク市警 暴動の可能性を米議会警察に事前に警告

米連邦捜査局(FBI)とニューヨーク市警は、現職のドナルド・トランプ米大統領の支持者による抗議活動中に暴動が起こる可能性について米議会警察に事前に警告していたことが分かった。米NBCが報じている。

米NBCによると、FBIの職員は抗議活動への参加を考えていた十数人の過激派と事前に会い、ワシントンに向かわないように警告していたという。さらにFBIとニューヨーク市警は、議会警察への襲撃準備に関する情報を警察機関と共有していた。

シュワルツェネッガー氏 - Sputnik 日本
シュワルツェネッガー氏「トランプ氏は米国史上最悪の大統領として記憶される」 自身の父親について辛い思い出も明かす
またニューヨーク市警はワシントンで起きた暴動の数週間前に、脅迫や暴力的行動を呼びかけるSNS上での投稿情報を、議会警察を含む全米の法執行機関に通知していた。

ワシントンでの集会に参加したトランプ氏の支持者は6日、バイデン氏の次期大統領選出を確定する手続きが行われていた米議事堂を襲撃した。この暴動により、5人が亡くなった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала