登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

東京地裁、河井案里被告に有罪判決

フォローする
日本の東京地方裁判所は21日、2019年の参議院選挙をめぐる買収事件で、公職選挙法違反の罪に問われた参議院議員の河井案里被告に、懲役1年4ヶ月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。NHKなどの日本のマスコミが報じた。

河井案里被告は、2019年の参院選で、夫で元法務相の衆院議員・河井克行被告と共謀し、地元議員5人にあわせて170万円を渡したとして、公職選挙法違反(買収)の罪に問われていた。

東京地裁は、現金供与は買収が目的だったと判断し、案里被告に懲役1年4か月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

NHKによると、案里被告は「当選を目的として現金を渡したことはない」として無罪を主張していた

関連ニュース

日本の裁判所、重国籍を認めない法を合憲と判断

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала