登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

医師が指摘 不眠症の対応でやってはいけないこと

フォローする
神経科医で医科学準博士のマリーナ・アニキナ氏は、不眠症への自己対応は健康上の問題を呼び起こするおそれがあると指摘した。

同医師は、医師の指示なくさまざまな睡眠剤を服用することはリスクになると強調した。

時計 - Sputnik 日本
朝、ゾンビ化したくない! 目覚まし時計選びのコツ
同医師によれば、多くの人たちは、メラトニンは人間の体内で作られているため、その服用は安全だと考えているという。しかし、アニキナ医師は、この薬剤の服用は専門家によって管理される必要があり、それはメラトニンは決してすべての人たちに十分な効果があるわけではないからだと指摘した。

アニキナ医師はテレビチャンネル「ロシア1」の番組で、「不眠症の発生には多くの原因があり、睡眠を呼び起こす鎮静効果はいつもあるわけではないことが立証されています。自己判断での服用は将来的にうつ病や痴ほうを発症させるリスクとなります」と強調した。

また、同医師は、一連の不眠症の製薬は常習化するおそれがあり、また、それらの長期間の習慣的な服用は梗塞や発作のリスクを高めるとも述べた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала