登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

EU、英国へのコロナワクチン輸出を停止する可能性=マスコミ

© Sputnik / AFK Sistema / フォトバンクに移行EU、英国へのコロナワクチン輸出を停止する可能性=マスコミ
EU、英国へのコロナワクチン輸出を停止する可能性=マスコミ - Sputnik 日本
フォローする
欧州連合(EU)は、新型コロナウイルスワクチンが不足する中、英国へのワクチンの輸出を停止する可能性を示唆している。マスコミが入手した欧州理事会のシャルル・ミシェル議長の書簡を引用しながら、29日、英インデペンデント紙が伝えている。

インデペンデント紙は、アストラゼネカ社が「ワクチン戦争」を引き起こしたと記している。EU加盟国への供給を当初の契約よりも遅らせ、英国へのワクチン供給を請け負っていたためだ。

これに対し、ミシェル議長はワクチンの輸出を停止するための臨時措置を検討していると発表した。その中には、英国が注文した4000万回分のファイザー社のワクチンも含まれており、ベルギーにある同社の工場が請け負っている。インデペンデント紙は「私は欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長にこの案を提案した。つまり、我々は必ずこの選択肢について検討する」というミシェル議長の言葉を引用している。

パンデミック - Sputnik 日本
「死亡率40%から最大75%」:研究者が新たなパンデミックの脅威を報告

1月半ば以降、EU加盟国はファイザー社によるワクチン供給の問題にも直面している。ワクチン供給の遅延は、6月から8月にかけてEUの人口の約70%に接種を行うという大規模な計画を狂わせると懸念される。

ハンガリーは、ロシア製ワクチン「スプートニクV」での国内使用を承認し、ワクチンの供給に関する契約を締結した。

また、20日、ロシア直接投資基金(RDIF)は、ロシア製新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」のEUへの承認申請を行った。EU加盟国でも「スプートニクV」への関心が示されていく可能性がある。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала