登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアで最も多く診断されているがんとは? ロシアの腫瘍学者が語る

がん - Sputnik 日本, 1920, 01.02.2021
フォローする
ロシア保健・社会開発省の腫瘍学者の第一人者であるアンドレイ・カプリン氏は、ラジオ・スプートニクの放送で、ロシアで最も多く診断されているがんの種類を紹介した。

カプリン氏は、「男性だと気管と気管支の悪性腫瘍です。(中略)女性の場合、昔から多いのは乳がんです」 と述べている。

顕微鏡 - Sputnik 日本, 1920, 25.01.2021
がん細胞に起こる謎の現象 ついにその100年の謎が解明される
同氏によると、男性だと前立腺がん、皮フがん、胃がんや大腸がん、女性だと子宮がんを患っているケースが多いという。

ラジオで同氏は、がん治療において最も重要なのは、早期発見だと力説している。

また、年齢を重ねるごとにがんになるリスクが高まるという。カプリン氏によると、65歳以降だと5年ごとに発症リスクが7~10%ずつ増加する。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала