総務省局長、会食の事実認める 首相「ルールにのっとり対応を」

衆院予算委員会は4日、菅義偉首相と全閣僚が出席する基本的質疑を続行した。首相の長男から接待を受けていたとされる報道に絡み、総務省の秋本芳徳情報流通行政局長は会食の事実を認めた。首相は「総務省で事実関係を確認し、ルールにのっとって対応してほしい」と重ねて強調した。

秋本氏は、会食費などの提供を受けたと認めた上で、所管行政に関わる企業の関係者が参加していたと分かり、事後に返金したと説明。国家公務員倫理規程が禁じる「利害関係者」からの接待に当たるかは、調査中を理由に答えなかった。首相は事案について「全く承知していない」と述べた。立憲民主党の黒岩宇洋氏への答弁。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала