登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

千葉県で鳥インフルエンザが確認 7例目

© Sputnik / Alexey Malgavko千葉県で鳥インフルエンザが確認 7例目
千葉県で鳥インフルエンザが確認 7例目 - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2021
フォローする
千葉県内では7例目となる鳥インフルエンザウイルスが確認された。 NHKが7日、伝えた。

6日、多古町の養鶏場で「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出された。同県は7日からニワトリ115万羽の殺処分を進める。

鳥 - Sputnik 日本, 1920, 24.01.2021
衛生基準守らぬ養鶏農家を公表へ 鳥インフルエンザで農相が方針

千葉県内では去年12月末から鳥インフルエンザが過去に例のないペースで相次いで確認されている。6日、千葉県旭市の養鶏場のニワトリから、「H5型」の鳥インフルエンザが検出された。同県はニワトリ41万羽余りの殺処分を進めることにしている。

日本政府は1月、鳥インフルエンザは今年度、発生件数および殺処分数ともに過去最多になっていると発表した。11月の発生以降、17県(香川、福岡、兵庫、宮崎、広島、奈良、大分、和歌山、岡山、志賀、高知、徳島、千葉、岐阜、鹿児島、富山、茨城)の40カ所以上の農場で確認され、700万羽以上が殺処分された。この中には、日本国内の鶏肉生産量上位を占める県も含まれている。


鳥インフルエンザのウイルスはどれほど恐ろしいのか? 世界保健機関(WHO)はどんなアドバイスをしているのか?スプートニクが検証した

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала