日本・東北 火力発電所10基が運転停止 地震で設備点検

日本の東北地方で13日に起きた地震を受け、福島県と宮城県、茨城県内にある火力発電所で設備点検が行われており、現地時間15日17時の時点で10基が停止している。NHKが伝えた。

このうち福島県内で停止しているのは、広野火力発電所の5号機および6号機、福島天然ガスLNG発電所の1号機および2号機、新地火力発電所の1号機および2号機、東北電力・原町火力発電所の1号機および2号機。

また宮城県内では、東北電力の新仙台火力発電所の3号系列が14日に運転を再開したが、仙台火力発電所の4号機が依然として停止している。

経産省によると、今回の停止による大規模な停電のおそれはないという。

関連ニュース

13日福島県沖地震 9県で負傷者152人に=共同通信

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала