ロシアの医師 1歳の男の子の胃から117個の磁石球を摘出

117個の磁石球 - Sputnik 日本, 1920, 20.02.2021
モスクワの外科医が1歳の男の子の手術を行い、胃の中から117個の磁石の球を取り出した。モスクワの保健省のサイトで発表された。

男の子は姉妹が見守る中で遊んでいたが、母親がおもちゃの片づけを始めたときに磁気性のブロックセットの半分がないことに気がついた。レントゲン撮影によって男の子の胃の中にたくさんの磁石球があることが分かり、緊急手術が行なわれた。

医者 - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2020
ロシアの医師らが患者の心臓から2本の針を取り出す
スペランスキー記念第9病院の化膿外科部長は、幸いにも磁石玉は互いにくっつき、胃の機能を損なってはいなかった。

手術は成功し、その後、男の子には抗菌と点滴が処置された。

この間、誤って飲み込んでしまったフォークを胃の中から摘出された女性について報じられている

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала