登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国 F-35の計画失敗を「暗黙に」認める

F-35 - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2021
フォローする
米空軍は、戦闘機「F-35ライトニングII」の計画が失敗したことを「暗黙に認め」ている。同機は、米国が開発した新型の軽量戦闘機。米フォーブスが報じている。

同誌は、F-35ライトニングIIが、長距離型の複座戦闘爆撃機「F-111アードヴァーク」と似ていると指摘している。F-111の開発は半世紀以上前に行われた。当時、米国防総省がF-111を1700機購入すると思われていたが、実際に購入したのは550機だった。

F-35A Lightning II - Sputnik 日本, 1920, 22.01.2021
米国防長官代行 F-35について辛辣に語る
F-111の価格は、予想の5倍に膨らんだという。同誌によると、この爆撃機の主な問題は多機能性にある。そのため設計が複雑なものになり、F-111の運用は制限されてしまった。

またフォーブス誌には、「F-35には、たしかにF-111の性質が多くある。F-35には、似たような3種類の軍用機のシステムがまとめられていることから、空軍、海軍、海兵隊のニーズを満たすことになる」と書かれている。

その一方で同誌は、米国防総省は新型戦闘機の製造計画があることを認めており、F-35ライトニングIIの生産数を制限する可能性があると指摘している。同誌はさらに、その新型機計画が、最近の第5世代戦闘機F-35と同様に失敗に終わる可能性があるとみている。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала