登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

コロナウイルスの悪質な特性が判明

© Depositphotos / Ralwelコロナウイルスの悪質な特性が判明
コロナウイルスの悪質な特性が判明 - Sputnik 日本, 1920, 04.03.2021
フォローする
米セントルイスのワシントン大学医学部の研究者らが、新型コロナウイルス感染者の心臓疾患とその伸縮機能障害の原因を明らかにした。研究結果が雑誌『JACC: Basic to Translational Science』に掲載された。この研究に関してはサイト「メディカルエクスプレス」で発表されたプレスリリースで簡単に説明がされている。

ドイツ研究者 新型コロナの人工的発生について発表 - Sputnik 日本, 1920, 20.02.2021
ドイツ研究者 新型コロナの人工的発生について発表
研究者らは新型コロナウイルスは心筋細胞に浸透する可能性があることを発見した。その結果、細胞は死滅し、伸縮機能に障害が生じる。

幹細胞を利用した研究では人間の心筋の伸縮をモデル化した組織が作られた。

感染症は細胞を死滅させるだけでなく、伸縮に対応する個々の筋肉繊維を破壊する能力があることが判明した。しかも、それは筋肉の炎症を伴わずに発生する。

研究者の1人であるコリー・ラビン教授は、「炎症はウイルスが引き起こす障害に対して副次的ダメージとなるおそれがあるが、しかし、これは心疾患の初期の原因にはならない」と解説した。

研究結果では、コロナウイルスのこうした特性の危険性は、軽症であっても将来的には心臓に問題が生じるおそれがあるという点にあり、この感染症を特別油断してはならないと指摘している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала