登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ホンダ、世界初の自動運転レベル3を搭載した自動車発売へ

© 写真 : ISSEI KATOホンダ
ホンダ - Sputnik 日本, 1920, 04.03.2021
フォローする
日本の自動車メーカ―「ホンダ」は4日、世界初の自動運転レベル3に相当する技術を搭載した高級セダン「レジェンド」を5日に発売すると発表した。価格は1100万円。

新型レジェンドには、安全運転支援システム「Honda SENSING Elite」が搭載された。「ハンズオフ機能」、「トラフィックジャムパイロット」、「緊急時停車支援機能」などが主な特徴とされる。ホンダによると、ハンズオフ機能は「渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援システムが作動中に一定の条件を満たすと、ドライバーがハンドルから手を離した状態でもシステムが運転操作を支援」する。トラフィックジャムパイロットは、「ハンズオフ機能付車線内運転支援機能で走行中に渋滞に遭遇すると、一定の条件下でドライバーに代わってシステムが周辺を監視しながら、アクセル、ブレーキ、ステアリングを操作」する。緊急時停車支援機能は、「ドライバーがシステムからの操作要求に応じ続けなかった場合、左車線へ車線変更をしながら減速・停車を支援」する。

自動運転レベル3とは何か?

米国自動車技術者協会 (SAE)は、自動運転レベルを6段階に定義している。レベル0は運転の自動化がないことを意味しており(ドライバーがすべての操作を行う)、レベル5はドライバーが介入しない完全な運転自動化を意味する。レベル3は、減速、加速、遅い車の追い越しなど、一定の条件下で自動運転を可能とする。一方、ドライバーは道路を監視し、緊急時に対応する準備をしておく必要がある。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала