登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ベルリン国際映画祭  濱口竜介監督の「偶然と想像」に銀熊賞

© AP Photo / Arthur Mola / Invision濱口竜介監督
濱口竜介監督 - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2021
フォローする
オンラインで開催されていた第71回ベルリン国際映画祭で、コンペティション部門の受賞結果が5日発表され、日本の濱口竜介監督(42)の映画「偶然と想像」が審査員大賞(銀熊賞)に選ばれた。日本のメディアが報じた。

今年のベルリン国際映画祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により今月と6月の2回にわけて実施。1日から5日にかけてオンラインで15の作品が公開され、審査員によって受賞作が選ばれた。

審査の結果、濱口竜介監督の映画「偶然と想像」が、最優秀作品賞(金熊賞)に次ぐ審査員大賞(銀熊賞)に輝いた。 

「偶然と想像」は、「魔法(よりもっと不確か)」、「扉は開けたままで」、「もう一度」の3つの短編作品からなる映画で、それぞれ「偶然」と「想像」をきっかけに物語が動き出していく。

濱口監督は、神奈川県出身の42歳。2008年、東京藝術大学大学院の修了制作作品「PASSION」が国内外の映画祭に出品され、注目を集めた。その後も震災をテーマにしたドキュメンタリー映画など、多くの作品を手がけてきた。また去年、ベネチア国際映画祭で監督賞(銀獅子賞)に選ばれた黒沢清監督の映画「スパイの妻」では、共同で脚本を担当した。

授賞式は6月、ベルリンで開催予定の一般向けの上映イベントの中で行われる。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала