登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

スペースXのファンら スターシップ号の事故現場でBoston Dynamics社のロボットを目撃

© Screenshot/BostonDynamicsスペースXのファンら スターシップ号の事故現場でBoston Dynamics社のロボットを目撃
スペースXのファンら スターシップ号の事故現場でBoston Dynamics社のロボットを目撃 - Sputnik 日本, 1920, 06.03.2021
フォローする
この間に爆発事故を起こしたロケット「スターシップ」号のプロトタイプの残骸を見ようと集まったイーロン・マスク氏のスペースX社のファンとカメラマンたちが珍しいシーンの目撃者となった。ロケットの事故現場をBoston Dynamics社の犬型ロボットが調査を行なっていた。

サイト「ビジネスインサイダー」によれば、人間がロケットの残骸に近づくのは危険であることから、「Zeus」と名付けれたロボットSpotがこの任務にあたった。同ロボットにはデータ収集用のレーダーとカメラが搭載されている。

​スターシップSN10のテスト飛行は3月4日に実施された。ロケットは上空10キロまで上昇した後に着陸を試みたが、燃料が過剰だったことから爆発を起こした

人間に危険がおよぶ可能性があったことから、ロボットSpotが非常事態の任務にはじめてあたることとなった。この間、ニューヨークの警察が犯罪現場にロボットとともに急行し、その後、武装者がいるおそれのある部屋の調査を行なわせた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала