登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

粋な計らい「お花見タクシー」 都内の桜の名所を安心して楽しんで

© Sputnik / デニス・コルジョフ目黒川の桜(東京・目黒区)
目黒川の桜(東京・目黒区) - Sputnik 日本, 1920, 12.03.2021
フォローする
日本は着実に暖かくなり、そろそろ桜井の開花予想をにらむ時期となった。11日にはすでに広島で統計史上最も早い開花が観測されている。とはいえ1年前に突然始まったコロナ禍で、今だ密を避けなければいけないので、茣蓙をしいてお花見は推奨されていない。そこに日本交通株式会社から粋なサービスが提案された。東京都内の桜名所を満喫できる観光タクシー「お花見タクシー2021」が期間限定で運行される。

日本交通株式会社の「お花見タクシー2021」は都内の桜の名所を選んで、隙間時間を使ってゆっくりとした速度でまわるサービス。運行期間は予定は3月20日から4月10日。予約は今月3日からすでに開始されている。2時間で東京駅、上野駅、品川駅周辺のルートを巡る10,280円からのコースと、観光ガイド資格を有すドライバーとオーダーメイドでルートを作る3時間15,220円からのコースがあり、乗車できる人数も4人から6人と異なる。この日の思い出に乗車記念証や先着200名限定で桜の絵が描かれた美しい竹製のしおりがもらえる嬉しい特典が用意されている。

感染予防のための対策も徹底しており、乗務員のマスク着用、手洗い・うがいの徹底、車内除菌清掃、窓開けによる換気の他に、空気清浄機や新型飛沫感染シールドで乗務員とお客さんの間が隔てられている。

田中さん - Sputnik 日本, 1920, 22.04.2020
「桜は咲くべきだけど、戦争はあってはならない」 祖国への帰国を夢見た捕虜となった元日本兵の物語
花見は日本人にとっては何の不思議もない行為だが、花の短い命の時期を狙って、わざわざ鑑賞に行くという国民性は世界にはないに等しい。この1年、コロナ感染を避けて外に出る、人と集うこと自体が控えなければならなかった。感染が命取りになりかねない病気を持つ人も高齢者も、こんなサービスなら桜を愛でる楽しみも味わえるかもしれない。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала