登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

米国 ロシアのワクチン不買をブラジルに説得していた

© Sputnik / Sergey Averin / フォトバンクに移行米国 ロシアのワクチン不買をブラジルに説得していた
米国 ロシアのワクチン不買をブラジルに説得していた - Sputnik 日本, 1920, 16.03.2021
フォローする
ロシアの新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」の開発者らが米保健福祉省の出した報告書をの一部に、米国の役人らがロシアのワクチンを購入しないようブラジルに説得を図っていた事実が記載されたことを指摘した。スプートニクⅤのツィッターに明らかにされている。

報告書は、国外の外務関係の事務所がロシア、キューバ、ベネズエラなど北米、南米で「米国の安全保障を損ねるよう」影響力の伸長を図る諸国に対抗するため「外交関係を利用した」と書いている。

米国はこうしたやりかたを用いて同地域の諸国がこれらの「悪だくみの」諸国からの救援を断るよう説得を図った。スプートニクⅤの開発者が一例として挙げたところによれば、ロシアのワクチン拒否をブラジルに説得するために米国の健康問題担当の外務関係の事務所が利用されていた。

ロシアのワクチンのツィッターには次のように書かれている。

「米保健省は『スプートニクⅤ』の件でブラジルに圧力を行使したことを公に認めた。我々は人命を救うために諸国は協力すべきだと考える。」

「スプートニクⅤ」開発者らはまた、こうした行為は「倫理に反し、人命を損ねる」と強調している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала