登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「はやぶさ2」が採取の小惑星サンプル 6月から分析が開始 JAXA

© 写真 : JAXA「はやぶさ2」
「はやぶさ2」 - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2021
フォローする
19日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が記者会見を行い、日本の探査機「はやぶさ2」が採取した小惑星「リュウグウ」の砂などのサンプル分析を今年6月から予定通り開始することを明らかにした。NHKが報じた。

JAXAによれば、分析は同機関や大学など9つのチームが取り組み、元素をはじめ、鉱物に含まれる水の成分解析や含有される有機物の種類などが調査されるという。また、12月には米航空宇宙局(NASA)へサンプルの一部を提供することが予定されている。 

小惑星「リュウグウ」のサンプルは、昨年12月に帰還した探査機「はやぶさ2」が採取したもので、およそ5.4グラムの砂や小石が確認されている。

分析チームの取りまとめを行なう東京大学の橘省吾教授は、「リュウグウ」の謎のベールがはがれることに期待するとコメントしている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала