登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

騙し絵新作:仏アーティストがルネサンス時代のフィレンツェ宮殿の壁を「破壊」

© 写真 : Unsplashフィレンツェ(アーカイブ写真)
フィレンツェ(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2021
フォローする
フランスのストリートアーティスト、JRさんがフィレンツェのパラッツォ・ストロッツィの壁に作品を描いた。パラッツォ・ストロッツィはルネサンス時代に建てられた宮殿で、現在はアートギャラリーになっている。JRさんはインスタグラムに作品を投稿している。

「傷(ラ・フェリータ)」と名付けられた作品は28メートルにも及び、視覚トリックのようになっている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от JR (@jr)

この作品は宮殿ファサードの巨大な亀裂のように見え、亀裂からサンドロ・ボッティチェリの「プリマヴェーラ」や「ヴィーナスの誕生」といった絵画がのぞく。実際にはこれら作品は隣接のウフィツィ美術館に保管されている。

JRさんの作品はフランスのアーティストとギャラリーとの共同プロジェクトだ。プロジェクトの主な趣旨は「芸術はどのような環境でも発展することができる、コロナウイルスのパンデミックという辛い時期でも」というもの。「The Art Newspaper」が伝えている

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала