登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

英国型変異株、1週間でさらに7カ国で確認=WHO

英国型変異株 - Sputnik 日本, 1920, 24.03.2021
フォローする
英国で最初に発見された従来よりも感染力が高いとされる新型コロナウイルスの変異株VOC202012 / 01が、1週間でさらに7カ国で確認され、同変異株が確認された国は計125カ国に達した。南アフリカで見つかった変異株501Y.V2が確認された国は75カ国となり、ブラジルや日本で最初に検出された変異株P.1は現在41カ国で流行している。世界保健機関(WHO)が24日にかけての深夜、発表した。

WHOの疫学週報では、過去1週間で「変異ウイルスについて報告した国の数が増加を続けた」と指摘されている。

研究で複製能力が41%高いことや、「流行する他の変異株と急速に入れ替わる能力」を示したVOC 202012/01株は、さらに7カ国で確認され、計125カ国が同変異型コロナウイルスの感染事例についてWHOに通知したという。WHOは、同変異株に感染した場合の「死亡リスクはより高い」とした。

WHOは1月、ウイルスは常に変異するため、コロナウイルスの新たな変異株の出現は予想されていたと発表した。

最新の研究では、英国のものを含めた新型コロナウイルスの新しい菌株は当初のウイルスより死亡率が高いことが示された。


英国で新たな新型コロナ変異株
英国型変異株、1週間でさらに7カ国で確認=WHO - Sputnik 日本, 1920, 24.03.2021
英国で新たな新型コロナ変異株

変異種が猛威を振るうことになるのか?

人類は、危険性が高いとされる新型コロナウイルスの変異種が英国と南アフリカで見つかったという不安なニュースが流れ、多くの国でコロナ対策が厳格化する中、2021年を迎えた。加えて、世界保健機関(WHO)はコロナワクチンで、感染拡大を止めることはできないだろうとの見方を示している。

新たなウイルスはどのようにして生まれるのだろうか?またそれはどのほど危険なもので、また世界における感染拡大状況にどのように影響するのだろうか?「スプートニク」の取材に答えたロモノソフ記念モスクワ大学ウイルス学科のアレクセイ・アグラノフスキー教授がこうした疑問に答えてくれた

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала