登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「これは不可抗力以外のなにものでもない」 東京五輪が海外観客を断念したことについて、専門家の意見

© AFP 2021 / Kazuhiro Nogi東京五輪
東京五輪 - Sputnik 日本, 1920, 24.03.2021
フォローする
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)が海外からの観客の受け入れを断念すると決定したが、これは日本経済、すでにオリンピックツアーの料金を支払ったファンたち、そして組織委員会自体に多大な損害を与えることになる。野村総合研究所の評価によれば、損失額はおよそ1,500億円にのぼると見られる。この数字は、国内市場と新型コロナウイルスの感染拡大以前の外国人観光客の需要の規模に関する分析に基づいて算出されたものである。

東京オリンピック組織委員会は3月20日、国際オリンピック委員会の合意を得て、外国からの観客の受け入れを断念するとの決定を下した。外国からの入国者が、感染の可能性がより高い新たな変異種を日本に持ち込む可能性があるためだというのがその根拠となっている。

大会組織委員会と国際オリンピック委員会の代表らは、外国人観客の受け入れについて、最近まで、そのような可能性も除外できないとしつつ、明言を避けてきた。しかし、3月初旬に橋本聖子委員長は、大会開催については安全、安心が第一だとの見解を明らかにしていた

今回の決定により、最大の痛手を負うのはホテル、レストラン業界、そして観光分野全般である。大会組織委員会の発表によれば、海外向けに販売された観戦チケットの枚数は、オリンピック大会がおよそ60万枚、パラリンピック大会が3万枚となっている。大会組織委員会はこれらのチケットを払い戻すと約束している。

損失額はこれ以上の規模となる可能性もある。各競技場の観客数もまだ決まっておらず、国内の観客がどれくらい入るのかは現時点では不明である。またチケットを自ら払い戻す人、またなんらかの制限、理由により払い戻しを余儀なくされる人が出てくる可能性もある。というのも、これまでの世論調査では、大多数の回答者が、大会について、延期または中止すべきだと答えているからである。

ドイツ - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2021
ドイツ 東京五輪組織委員会の海外観客を受け入れない決定を歓迎
スポーツ評論家でメディアマネージャーのニコライ・ヤレメンコ氏は、「スプートニク」からのインタビューに対し、今回の海外無観客による損害は当然ながら大規模なものであるが、人々の健康と安全が大切であることも事実だと述べている。「今回の決定は想定内のものです。この大会の開催について日本が独自で判断を下せるのであれば、世論調査の結果にも出ているように、今年のオリンピックは開催されなかったでしょう。しかし、国際オリンピック委員会にも財政的な大きな義務があり、スポンサー契約などの問題もあります。ですから、今回の決定は論理的な妥協であり、正当な判断だと言えるでしょう。代表団のメンバー、スポーツ記者の数も制限され、すべての国からの登録数が削減されます。観客についてですが、それほど多くのファンはオリンピックには訪れないでしょう。これは、かなりのお金がかかる、スポーツ観光のようなものだからです。しかし、現在、日本では観光客の受け入れは行われていません。選手たちにとっては喜べないことですが、悲劇的というほどのことではありません。忘れていはいけないのは、天秤にかけられているのは人々の健康と安全だということです」。

サッカー評論家のワレリー・ヴィノクロフ氏は、だからこそ、国際オリンピック委員会と東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の決定には理解を示す必要があると指摘し、「国際オリンピック委員会も言っているように、とにかく、重要なのは大会を開催することだ」と述べている。「新型コロナによって世界中で700以上の国際大会が中止されています。ロシア国内だけでもおよそ60の大会が中止されました。また現在ストックホルムで開かれているフィギュアスケートの世界選手権も無観客での開催となっています。選手について言えば、もちろん、観客やファンというのはそれなりの雰囲気を作ってくれるものではありますが、応援や声援を必要とし、それで気分を上げる選手もいれば、観客など意識しないという選手もいます。観客がいない方が、集中でき、良い結果を出すということもあるのです」。

五輪 - Sputnik 日本, 1920, 23.03.2021
東京五輪・パラ 「性的ハラスメント目的の撮影」を禁止行為に
一方、金融財政アナリストのアンナ・ボドロワ氏は、経済面の問題について、ビジネスにとっての損失は大きいが、オリンピックによって新たな感染拡大が起これば、その損害はさらに大きくなるだろうと指摘する。「公式発表によれば、オリンピックの準備だけでも160億ドル(およそ1兆7,360億円)かかり、それ以外の経費はそれ以上です。日本はオリンピックの準備と、今年、国内旅行だけに頼っていた観光産業の落ち込みによる損失を部分的に補填することを見込んだ観客の受け入れに向けて、努力してきました。新たなホテルも建設されました。しかし、このホテルが満室になるのはいつになるか分かりません。外食、サービス、交通、観光分野の中小企業も被害を受けています。その損失はまだ分析すらできない状態です。しかし、これは不可抗力以外のなにものでもありません。そして、オリンピックが開催され、新たな感染爆発が起これば、その損失ははるかに大きいものになるのです」。


3月25日、オリンピックの聖火リレーが始まるが、こちらも無観客の予定となっている。日本政府は新型コロナの感染状況が安定しないことから、このセレモニーも規模を大きく縮小した。聖火リレーでは、感染防止対策が強化され、観客の集中を避けるとしている。聖火リレーは福島県でスタートし、121日間かけて、47都道府県を通過することになっている。聖火リレーにはおよそ1万人が参加する。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала