登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

国家公務員法の改正案、再提出へ 検察幹部の定年特例は削除

フォローする
政府、与党は、検察官の定年を延長する検察庁法改正案を含む国家公務員法改正案について、今国会へ再提出する方針を固めた。複数の政権幹部が27日、明らかにした。野党や世論からの反発を受けた内閣や法相の判断で検察幹部の定年を延長できる「特例規定」を削除。4月下旬にも閣議決定し、会期中の成立を目指す。少子高齢化の中で定年延長の流れを民間や自治体に促すことを狙う。

ただ、改正高年齢者雇用安定法が4月に施行され、企業に70歳までの就業機会の確保が求められる。企業に努力義務を課しながら、検察幹部の定年延長問題で政府による公務員制度改革が遅れていることは否めない。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала