登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 厚労省職員23人の深夜送別会 課長は事実上更迭へ 菅首相も陳謝

フォローする
日本の厚生労働省の職員23人が都内の飲食店で深夜まで送別会を開いていた問題で、労働省は、会合を主催した老健局老人保健課長を大臣官房付に異動させ、事実上更迭する。田村厚労相も大臣給与2か月分を自主返納する方向で調整を進めているという。NHKが報じた。

23人は厚生労働省の介護保険などを担当する老健局の職員。今月24日、都内の飲食店で開かれた送別会に参加し、一部職員は深夜0時近くまで店に残っていた。

職員らは午後11時まで営業している店を探して予約していたという。

労働省は会合を主催した老健局老人保健課長を事実上更迭、また田村厚労相も管理責任をとり、大臣給与2か月分を自主返納する方向で調整を進めている。

また菅首相はこの問題について記者団の質問に答え、「田村厚労相からも二度と起きないように点検と厳重な対処を(省内に)指示した」と説明。「大変申し訳ない」と陳謝した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала