登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

「ロシアはワクチンを深く研究している」:ディ・ヴェルト紙がドイツの「スプートニクV」への信頼を紹介

© Sputnik / Evgeny Biyatov / フォトバンクに移行「ロシアはワクチンを深く研究している」:ディ・ヴェルト紙がドイツの「スプートニクV」への信頼を紹介
「ロシアはワクチンを深く研究している」:ディ・ヴェルト紙がドイツの「スプートニクV」への信頼を紹介 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2021
フォローする
ドイツのディ・ヴェルト紙によれば、ロシアの新型コロナ用ワクチン「スプートニクV」はドイツ社会で広く支持されているという。同国のロシア製ワクチンへの信頼は冷戦時代にすでに確立されている。また、ロシアにとってもドイツ市場は、同製薬の供給に関して、欧州連合(EU)の他の加盟国への輸送で最適な中継点となり得ることから、大きな価値を持つ。その上、ドイツは欧州で絶大な権威を有している。

同紙は、米ソ冷戦時の科学技術競争のシンボルとなった旧ソ連の衛星にちなんで同ワクチンが名付けられたのは偶然ではないとの見方を示している。現在、ワクチン「スプートニクV」の成功は、そのままロシアの国際的成功といえる。

スプートニクV - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2021
ロシア製の新型コロナワクチン 「スプートニクV」が日本で使用されない理由とは?
ドイツへのロシア製ワクチンの供給は、EUでのライセンス取得前には法的に不可能だが、しかし、ドイツでは、公的な承認後に同製薬の使用をただちに開始するため、開封ができなくとも国内に到着させておくことを望んでいる。

ディ・ヴェルト紙によれば、ロシアはドイツへの自国製ワクチンの販売だけでなく、ドイツ国内で同製薬を生産する用意をしている。報道では、このことは、「ドイツ産」商標の「スプートニクV」がロシア産であることよりも信用が高くなることを意味していると解説する。欧州の高官が政治的理由からロシア製ワクチンの購入を望んでいないにも関わらず、ドイツ国民は、1960年に東ドイツではロシア製ワクチンの接種によりポリオの広がりが完全に押さえられたが、当時、西ドイツの子どもたちへの米国産ワクチンの供給が遅れたことから、発症が続いたということをよく理解している。

この間、通信社「スプートニク」は、EU加盟国であるオーストリアがロシア製ワクチンの供給に期待していることを紹介している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала