登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

韓国の原子炉2基を稼働停止に追い込んだクラゲもどきの生物

CC BY-SA 3.0 / Nick Hobgood / sea salps韓国の原子炉2基を稼働停止に追い込んだクラゲもどきの生物
韓国の原子炉2基を稼働停止に追い込んだクラゲもどきの生物 - Sputnik 日本, 1920, 10.04.2021
フォローする
ブルームバーグの報道によれば、韓国最大の原発では6基の原子炉のうち2基の稼働がこの1か月だけでもすでに2度も停止されている。停止の原因は原子炉の冷却に使われている海水にクラゲを想起させるタリア綱の海洋生物が繁殖し、目詰まりが起きたためだ。

韓国のハヌル原発は日本海沿岸に位置しており、原子炉の冷却に海水を使用している。ブルームバーグは、海岸で直接海水を冷却に使うのは便利であり低コストで済むが、海の動植物相にこれが影響しないわけはないと指摘している。

普通、タリア綱の生物は給水システムに入り込んでしまっても原発の作業に支障をきたすことはなく、給水システムから海中へさっさと戻ろうとする。ところが今年、この生物の活動が活発になる時期が通常の6月から突如3月に前倒しになった。タリア綱は互いにくっつきあい、数メートルもの長い鎖状になる。原発側はこの鎖の襲撃対策に間に合わなかった。

Волны во время шторма - Sputnik 日本, 1920, 10.03.2021
フクシマ 「原発事故は特定の場所で起こるものだが、原発の被害はどこででも起こる」
原子炉の発電量はそれぞれ950メガワット。2基の停止で送電量に生じた不足は予備の発電所からの送電だけでは間に合わず、液化天然ガスの供給にも頼らざるを得なかった。前回の停止の際に購入された液化天然ガスは6万トンで2180万ドル(23億8600万円)が費やされている。

ブルームバーグによれば、韓国人研究者らは、タリア綱の大量発生はこの時期には異常な水温の上によるもので、一時的な現象とも地球温暖化の結果ともどちらともとれるとしているが、事態が繰り返されるようであれば、原発の給水システムには補足的な措置を講じざるをえなくなる。

福島第1原発の場合は状況は逆で、放射能の汚染水を海洋に流すことのできるレベルまでいかに除染するかが問題となっている。


関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала