登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ガガーリンの死因について、ソ連の宇宙飛行士が持論

© Sputnik / Aleksander Mokletsov / フォトバンクに移行ガガーリンの死因について、ソ連の宇宙飛行士が持論
ガガーリンの死因について、ソ連の宇宙飛行士が持論 - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2021
フォローする
人類初の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンが死亡した飛行機墜落事故の原因は依然、明らかになっていないが、航空機がゴム気球に衝突した可能性があるとソ連の宇宙飛行士、ボリス・ヴォルィノフ氏がリアノーボスチ通信からのインタビューに対し語った。

ガガーリンは1968年3月27日、ウラジーミル・セリョーギン飛行士とともにジェット戦闘機MIG–15UTIで飛行中、墜落事故に遭い、死亡した。

ユーリー・ガガーリン - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2021
水上スキーとサボテンを愛した男 有名な宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンについて私たちは何を知っているか?

ヴォルィノフ氏は、「死因を特定するのは困難。すべては不明である。多くの説があるが、どれが真実かは分からない。乗員がゴム気球を飛ばしたという説があるが、この装置は重量が1キロほどあり、飛行機が高速飛行中に衝突すれば、何があるかは分からない。しかも高速で飛行しているときには、前もって気球の位置を知ることはできない」と述べた。

ヴォルィノフ氏は、この説は事故原因調査委員会にも提出されたと述べた。

3月22日、東京銀座のショッピングモール「キラリトギンザ」内のブロックチェーン企業向けビジネスハブ「バイナリスター」で、ガガーリンの有人宇宙飛行60周年を記念する展示会が開幕した。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала