登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米、対ロシア制裁発動へ

© Fotolia / Alexkich米、対ロシア制裁発動へ
米、対ロシア制裁発動へ - Sputnik 日本, 1920, 15.04.2021
フォローする
米国は、ロシア政府が米大統領選に介入し、ソーラーウィンズ社へのサイバー攻撃を行ったとして、ロシアの市民12人と20の団体に対する制裁を発動し、10人の外交官を召還する。ブルームバーグが米政府に近い消息筋からの情報として報じている。

それによると、米国はこの措置について16日には公表する可能性があるとのこと。制裁の対象となる人物の中には、政府関係者および情報機関の職員が含まれているという。

FILE PHOTO: The SolarWinds logo is seen outside its headquarters in Austin, Texas, U.S., December 18, 2020.  - Sputnik 日本, 1920, 29.03.2021
ソーラーウィンズ事件 ハッカーが米サイバーセキュリティ部門の電子メールにアクセス

1月初旬、米国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラストラクチャーセキュリティ庁は、FBI(連邦捜査局)およびその他の米国の組織と共同で、サイバーセキュリティ企業ソーラーウィンズに対する大規模なサイバー攻撃を行ったのはロシアであるとの声明を発表した。米国は、政府機関も被害を受けたとして、攻撃の目的は機密情報を入手することだとの見方を示していた。しかし、後に、この攻撃によって、重要な情報へのアクセスには被害はなかったと発表した。

これより前、ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、このサイバー攻撃について、ロシア政府は関与していないと強調していた。またロシア外務省の公式報道官も、米国の連邦機関に対する大規模なハッカー攻撃にロシアが関与したと非難されていることについて、証拠はどこにもないと述べている。

一方、米マイクロソフトのブラッド・スミス社長は、具体的なデータを引用することなく、米サイバーセキュリティ企業「ソーラーウィンズ」へのハッキング攻撃にロシアが関与していることを示す「証拠」があると主張している。

ソーラーウィンズへのサイバー攻撃

ハッカーは2020年12月、ソーラーウィンズの顧客にサイバー攻撃を行った。米国はこの攻撃にロシアが関与しているとして非難している。米政権は、米政府機関などへの攻撃の目的は情報を得ることにあったが、ハッカーは「機密情報」にはアクセスしていないと発表した。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала