登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

無人でも温かい歓迎を 日本のIT企業が等身大「アニメAIアシスタント」を開発

フォローする
バーチャルロボットの製作を手がける日本のITベンチャー企業「Gatebox」は、等身大の3Dキャラクターを映し出すことのできる装置「Gatebox Grande」を開発し、東京都内で発表会を行った。

この装置は元々は家庭用として持ち運び可能なサイズで販売されていたが、人気を博したために企業用に大型のAIアシスタントが開発されたという。

「Gatebox」が開発したキャラクターは高さ約2メートルの4Kディスプレイに映し出される。また、搭載されたセンサーで人を感知し対話することもでき、実際に目の前で接客されるような体験ができるようになっている。

同社代表取締役の武地実さんは「新型コロナウイルスの影響で人が接する機会が無くなったり、無人店舗などの技術が向上し接客する機会が減っていく中で、この装置で温かみのある接客やコミュニケーションを提供することを目指して開発した」と語っている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала