登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

バイデン大統領、故・長男ボー氏について「米大統領になるべきだった」

© REUTERS / Jonathan Ernstバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2021
フォローする
米国のバイデン大統領は12日、ホワイトハウスでMSNBCのインタビューに応じ、2015年5月にガンで死去した長男ボー氏が米大統領になるべきだったと胸の内を語った。

バイデン大統領は、就任100日について長男ボー氏は何と言っただろうとの質問に答え、「彼ならこう言っただろう。父さん、僕を見てごらん、覚えておいて欲しい。生まれたルーツだ。ありのままでいて欲しい」と語った。

トランプ氏 - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2021
バイデン氏の弱腰でイスラエルの状況が悪化=トランプ氏
バイデン氏は「あなた方はいつもボーの質問で私を不意打ちする。彼はこの椅子に座るべきだった」とも述べた。

ボー・バイデン氏は46歳で脳腫瘍のため死去。直前の2015年までデラウェア州司法長官を務めていた。長男を失ったジョー・バイデン氏は2016年の米大統領選への出馬を断念。ドナルド・トランプ氏が勝利する結果となった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала