登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アストラゼネカ・ワクチンの血栓誘因に新説 独ゲーテ大

© REUTERS / Raneen Sawaftaアストラゼネカ
アストラゼネカ - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2021
フォローする
独フランクフルトのゲーテ大学は、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソン開発のワクチンを接種した患者に血栓が現れる特異な例の原因の特定に成功したと発表した。ゲーテ大学は、両ワクチンがSARS-CoV-2ウイルスのスパイクタンパク質を体内に送り込むために使用しているアデノウイルスベクターが血栓を誘発していると考察している。研究結果をフィナンシャルタイムズが報じた。

研究を率いるロルフ・マーシャレク教授によると、スパイクタンパク質は、健康な細胞の細胞質液(コロナウイルスが通常タンパク質を生成する場所)ではなく、核に送られる。その後、スパイクタンパク質の一部が切断され、細胞膜と結合できない変異が生じ、免疫が発生する。その代わり、このタンパク質の変異体は、10万人に1人程度の割合で血栓症を引き起こす。

Vials labelled COVID-19 Coronavirus Vaccine and a syringe are seen in front of the Pfizer logo in this illustration taken February 9, 2021 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2021
ファイザー接種による死亡率はアストラゼネカの3倍=英研究
マーシャレク教授は、他のRNAベースのワクチン(ファイザー社やモデナ社のものなど)は、スパイクタンパクの遺伝物質を核ではなく細胞液中に送り込むものだと説明している。まさにこれがあるために、稀ではあるものも危険な副作用を避けることができる。

マーシャレク教授はまた、ジョンソン・エンド・ジョンソン社の担当者が、自社のワクチンを適応させるために自分の研究室にアドバイスを求めてきた事実を明らかにした。教授によれば、この薬に含まれる接着タンパク質は、アストラゼネカ社のワクチンに含まれるタンパク質よりもスプライシング(転写後のプロセシング)を起こしにくい。このため、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチン接種をうけた740万人のうち、血栓症を起こしたケースは8人にとどまっている。

フィナンシャルタイムズ紙によると、多くの研究者からは、マーシャレク教授の説は、ワクチンを血栓の誘因とする数多くの仮説の一つに過ぎないという見解が出されている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала