Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

研究者がコロナウイルスの研究所起源説の根拠を発見 出版社は掲載を拒否

© REUTERS / Thomas Peter武漢市の研究所
武漢市の研究所 - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2021
英国のアンガス・ダルグレイス教授とノルウェーのウイルス学者バーガー・ソーレンセン氏は、コロナウイルスが人工的に作られた証拠があると表明した。デイリー・メール紙が報じた。しかし、科学誌はさまざまな理由でその掲載を相次いで拒否した。

ダルグレイス氏とソーレンセン氏は、2002年から2019年に武漢市で研究者らが行った実験を分析した。同氏らは、中国の研究者らは、人間に対するコロナウイルスの影響をさらに研究するため、新型コロナを創造する方法を開発したのだと結論付けた。その後、彼らはすべての事実がウイルスが自然発生したことを証明しているとすることで、「痕跡を消そう」と試みた

新型コロナ起源、米国の諜報機関は最終結論に至らず=バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2021
新型コロナ起源、米国の諜報機関は最終結論に至らず=バイデン大統領
研究者らは、中国の研究者らは、洞窟に生息するコウモリからコロナウイルスの「ベース」を採取し、その後、新しい「スパイク」がそこに「結合」したかのように見せ、感染性と致死率の高いコロナウイルスにつくり変えたのではないかと考えている。ウイルスの操作を証明する特徴的な兆候の1つとして、4つのアミノ酸の配列が上げられる。これらはダルグレイス氏とソーレンセン氏がコロナウイルスの「スパイク」の中で発見している。

ソーレンセン氏は、すべてのアミノ酸は正電荷を持つと指摘。これにより、ウイルスは人間の細胞内に帯電した負の部分に磁石のようにしっかりとくっつくことになる。しかし、正の電荷を持つアミノ酸が並んでいると、磁石のように互いに反発し合うため、3つ並んでいることさえ自然界では珍しい。また、こうした4つのアミノ酸が並ぶことは極めて珍しいといえる。

科学誌はすでに1年にわたり両氏の研究をさまざまな理由で取り扱おうとしていない。しかし、ソーレンセン氏が研究内容を伝えていたサイト「ミネルバ」がこのことに関心を指した。同サイトは科学誌に理由を尋ねたが、コメントするところはなかった。

この前、また他の国際的な研究チームは、SARS-CoV-2コロナウイルスのパンデミックの始まりについて宿主の動物から人間に感染した説と、研究所からウイルスが漏洩したという2つの説ともに信憑性が高いことを認めた。今年3月、武漢ウイルス研究所(中国)の職員3人が2019年11月に重い病にかかり、医療機関で治療を受けていたことも分かった。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала