登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本の水産物の生産量 2年連続で過去最低 サンマなどの不漁が原因

CC BY-SA 3.0 / Wibowo Djatmiko (Wie146) / Lemuru日本の水産物の生産量 2年連続で過去最低 サンマなどの不漁が原因
日本の水産物の生産量 2年連続で過去最低 サンマなどの不漁が原因 - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2021
フォローする
日本の昨年の水産物の生産量が2年連続で過去最低を記録した。生産量の低下はサンマやサバなどの不漁が原因となっている。NHKが報じた。

農林水産省のは発表では、昨年1年間の水産物の生産量は養殖などを含め前年より2万1000トン(0.5%)の減少となった。昨年の生産量は417万5000トンだった。同省によれば、サンマなどの不漁は、潮流や水温の変化など、海洋環境の変化が要因とされる。

魚の種類別では、サンマが2万9700トン(前年比35.2%減)のほか、サバ類37万6600トン(16.4%減)、サケ類5万5900トン(0.9%減)。一方、マイワシは70万500トン(25.9%増)、ホタテ貝は34万6000トン(1.9%増)となった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала