登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ変異株の名称、今後はギリシャ文字を使用=WHO

© AP Photo / Raphael Satter新型コロナ変異株の名称、今後はギリシャ文字を使用=WHO
新型コロナ変異株の名称、今後はギリシャ文字を使用=WHO - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2021
フォローする
世界保健機関(WHO)は31日、新型コロナウイルスの変異株の名称に今後はギリシャ文字のアルファベットを使用すると声明を発表した。

名称の変更は、新型コロナウイルスの既存のおよび「懸念される」4つの変異株を簡単に理解しやすくするために行われるという。また、最初に新株が確認された国名を取ることで差別的な表現をもたらしていたが、こうした慣行を回避することが可能となる。

WHOのウェブサイトで更新された新たな表記システムによると、英国型(B.1.1.7)は「アルファ株」、南アフリカ型(B.1.351)は「ベータ」株、ブラジル型(P.1)は「ガンマ」株、インド型(B.1.617.2)は「デルタ」株と呼称される。

​これらの新しい表記は、重要な科学的データを伝え、今後も研究に活用していくものであり、これまでの表記を排除することはないという。

WHOは、既存の表記指定に携わる専門家、ウイルス分類学の専門家、研究者、および国家当局の代表者をなど、世界中からの専門家グループを招集し、協議を行った。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала