登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米女子修道院長 ギャンブルやりたさに9000万円以上を着服

© Flickr / Robert Claypoolカトリック教会
カトリック教会 - Sputnik 日本, 1920, 11.06.2021
フォローする
米カリフォルニア州でカトリック学校の元校長の修道女(79)が、同校から83万5千ドル(9140万円相当)を盗み出してギャンブルに使った。ガーディアン紙が報じた。

メアリー・マーガレット・クロイパーは2018年に職を退き、年金生活に入っていたが、後に財務記録の監査が行われた際に、犯罪が発覚。クロイパーは10年にわたり、授業料や学校への寄付金の一部を着服していた事実を認めた

横領の事実を隠蔽するためにクロイパーは学校の総務の監査報告も改ざんしていた。検察庁によると、クロイパーは一部の書類を処分するよう部下に指図していた。ただし、クロイパーがどのギャンブルに手を染めていたのかは明らかにされていない。

クロイパーは容疑を認め、すでに謝罪しているが40年の懲役判決が出されるものとみられている。判決は7月1日に明らかにされる。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала