登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ インド型の主な危険性が明らかに

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行新型コロナウイルス研究
新型コロナウイルス研究 - Sputnik 日本, 1920, 23.06.2021
フォローする
 米ジョージ・メイソン大学システム生物学院の教授で生物学博士のアンチャ・バラノバ氏は、新型 コロナウイルスのインド型について、その主な危険性は、肺の損傷を「迅速に強化」する能力にあると指摘した。

バラノバ氏によると、肺の上皮細胞は通常、ガス交換を行っており、そのために肺胞は有用物質の特別な混合物を生成しているが、新型コロナウイルス感染症の場合、細胞は単にその生成を拒否する。

英国型変異体 - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2021
インド型、英国型変異体 危険度はどちらが高い?
バラノバ氏は、現在、肺の機能は、2020年初旬よりもはるかに速いスピードで損なわれていると指摘している、

同氏は、のちに肺の上皮細胞が炎症性サイトカインや「その他のいまわしいもの」を形成し始めるとしている。

インド型(B.1.617)は、昨年10月にインドで初めて検出され、その後、B.1.617.1、B.1.617.2(「デルタ」)、B.1.617.3の3種類のサブグループが発見された。これらはスパイクタンパク質のいくつかの変異が異なり、それぞれさまざまに世界中で拡大している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала