登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

医師らが指摘 新しいコロナウイルス菌株の症状および危険性

© Depositphotos / Surabky医師らが指摘 新しいコロナウイルス菌株の症状および危険性
医師らが指摘 新しいコロナウイルス菌株の症状および危険性 - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2021
フォローする
英国公衆衛生庁がコロナウイルスの新しい菌株の症状および特徴について指摘した。エクスプレス紙が報じた。

新しい菌株は「ラムダ」と名付けられ、当初、2020年末にチリやペルー、アルゼンチン、アクアドルで確認された。研究者らは、同菌株は感染程度に影響を及ぼすスパイクタンパク質において他の変異種と異なると見ている。しかし、現在、同ウイルスが新型コロナウイルスより重症化の傾向を引き起こす可能性があるとのデータは存在しない。

ワクチン接種 - Sputnik 日本, 1920, 25.06.2021
「全員が安全圏にいないうちは安全な人は誰もいない」 インド人専門家予想するコロナ禍はどれくらい続くか
また、基本的な症状はこれまでの菌株と差異はない。研究者らは症状として発熱と咳の継続、においや味覚の喪失を上げる。この菌株は世界保健機関(WHO)が作成した「憂慮」リストには加えられていない。今のところこのリストにはアルファとベータ、ガンマ、デルタといった菌株の名が上がっている。

6月末、インドのマハーラーシュトラ州でコロナウイルスの新株による感染例が20件確認され、この菌株は「デルタ・プラス」と名付けられた。新たな変異種はスパイクタンパク質に変異種K417Nが存在することで区別される。この変異種は完治者やワクチン接種者の抗体活動を低下させる能力がある。


関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала