登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 連続青酸死事件の被告、死刑確定へ

© Ruben Diaz麻薬密輸容疑で逮捕されたトヨタ役員、釈放か
麻薬密輸容疑で逮捕されたトヨタ役員、釈放か - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2021
フォローする
京都、大阪、兵庫で、夫や内縁男性ら4人に青酸化合物を飲ませ3人を殺害した罪などに問われ、1審と2審で死刑を言い渡された筧千佐子被告(74)の上告審判決で、日本の最高裁判所は判決で被告の上告を退け、死刑判決を言い渡した。29日、日本のメディアが報じた。

筧被告は遺産の取得や債務の返済を免れるため、2007年から2013年にかけ、京都府向日市の夫(当時75)や内縁関係にあった大阪府貝塚市の男性(当時71)、兵庫県伊丹市の男性(当時75)の3人に青酸化合物を飲ませ殺害。また、兵庫市の知人男性の殺害を試みた。

池袋暴走事故 飯塚被告「私の過失はない」 遺族による被告人裁判で - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2021
池袋暴走事故 飯塚被告「私の過失はない」 遺族による被告人裁判で

1審と2審では筧被告に死刑が言い渡されたが被告側が上告。弁護側は、被告人が認知症で裁判を受ける能力がないなどと主張していた。

最高裁判所は29日の判決で「結婚相談所で次々と高齢の被害者らと知り合い、信頼させて青酸化合物を飲ませたのは計画的で、強固な殺意に基づく冷酷な犯行。人の命を軽視する態度も著しく、刑事責任は極めて重大だ」と指摘した

そのうえで「高齢であることなどを十分に考慮しても死刑はやむをえない」とし、被告側の上告を退け、死刑を言い渡した。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала