登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

パンデミック時の人権調整の国際文書 ロシアで作成が提案 市民の「COVID権」が背景

© Sputnik / Miguel Сandеla / フォトバンクに移行マスクをつけた人
マスクをつけた人 - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2021
フォローする
ロシアでパンデミックの条件下における人権を調整する国際的な文書の作成が提案されている。これより前、ロシアにおける人権全権代表のタチアナ・モスカリコワ氏は市民のいわゆる「COVID権」の形成を明らかにし、集団の権利が個人の権利に勝る重要性を指摘した。

「確信をもって言えるのだが、少なくとも私にはそう思えるのだが、今日『COVID権』という概念が形成されている。そして今、極めて重要なのが、制限の必要性と人権との間の比例関係を分けて考えることである」モスカリコワ氏は、パンデミックの条件下では集団の権利と個人の権利を分けてとらえ、前者が後者に勝ることを理解する必要があると付け加えた。

ドミートリィ・ペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 22.06.2021
ロシア大統領報道官「コロナワクチン接種を受けなければ不利益な立場に」
「我々は皆、単に人間の命と健康を救済するだけでなく、世界の文明空間の生命と健康を救うことにも関心を持っている。このため現在とられている措置だが、これが存在する権利を、こうしたアプローチを行う権利を持っているのかという問題を話し合っていく」モスカリコワ氏はこう述べている。

これに続いて、モスクワのオンブズマンのタチアナ・ポチャエワ氏も声明を表し、パンデミック時における人権について特別の国際的な文書の作成を提案した。ポチャエワ氏は以前、コロナウイルスのパンデミックによって人類は教育分野、医療の受けやすさ、労働権ワクチンに関連し、人権に関係した多くの課題や問題を突き付けられたと指摘していた。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала