登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

仏当局 人道に対する罪を隠匿の容疑でユニクロなど捜査 ウイグル問題で

© AP Photo / Mark Lennihanユニクロ
ユニクロ - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2021
フォローする
フランス司法当局は1日、人道に対する罪の隠匿の疑いでユニクロのフランス法人など4社の捜査を開始したことを明らかにした。これらの会社はことし4月、中国・新疆ウイグル自治区での強制労働によって作られた材料を使用している疑いがあるとして、同国NGO団体などに告発されていた。NHKなど日本のメディアが報じた。

告発されていたのは、「ユニクロ・フランス」のほか、ZARAなどを展開するスペインのアパレル大手「インディテックス」、米国の「スケッチャーズ」、フランスの「SMCP」の4社。

モスクワでユニクロ2店舗のオープニングセレモニー【写真】 - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2021
買い物かごを置くだけ 自動会計の特許をめぐる裁判でユニクロ敗訴

それによると、4社は新疆ウイグル自治区産の綿を人道に対する罪が行われていることを知りながら自社製品に使用したとされる。フランス司法当局は告発をもとに、人道に対する罪の隠匿の疑いで捜査を開始した

人道に対する罪は、国家または集団によって行われる民間人の奴隷化や虐殺、自由剝奪などの非人道的行為を指し、国際法上の罪と位置付けられる。

これを受け、ユニクロを展開するファーストリテイリングは2日にコメントを発表。「製品の生産を委託する縫製工場で同自治区に立地するものはなく、素材についても生産過程で人権や労働環境が適切に守られていることが確認された綿のみを使用している」と主張したうえで、フランス当局からの要請があれば捜査に全面的に協力するとした。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала