登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

マイクロソフト、「死のブルー・スクリーン」をブラックに変更へ

© Depositphotos / Dennizn「死のブルー・スクリーン」
「死のブルー・スクリーン」 - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2021
フォローする
米マイクロソフトは、新OS「Windows11」で「死のブルー・スクリーン」の色を変更する。技術系ニュースサイトThe Vergeが伝えている。

Windows11では、重大なエラーが発生したときに表示される「死のブルー・スクリーン(Blue Screen of Death、BSoD)」の色が黒に変更される。したがって、エラーが生じた際の画面の色は、パソコンの電源を入れたときや切ったときと同じになる。

「ブラックスクリーン」はWindows11ベータ版で導入され、徐々にOSに追加されるという。

ジャーナリストらは、「死のブルー・スクリーン」の色の変更について、QRコードがエラー画面に追加された2016年以来となるデザイン面での大きな変更だと指摘している。

2012年にはWindows8の「死のブルー・スクリーン」に悲しい絵文字が追加された。Windows11の「死のブルースクリーン」は、黒い色以外はWindows10と同じになる見込み。なお、マイクロソフトは今のところ色の変更についてコメントしていない。

「死のブルー・スクリーン」が初めて導入されたのはWindows 3.0(1990年)。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала