登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

イーロン・マスク氏 自動操縦の開発で機能の再評価を承認

© REUTERS / Michele Tantussiイーロン・マスク氏 自動操縦の開発で機能の再評価を承認
イーロン・マスク氏 自動操縦の開発で機能の再評価を承認 - Sputnik 日本, 1920, 06.07.2021
フォローする
イーロン・マスク氏がツイッターに投稿し、まもなく「Full Self-Driving v9」のベータ版をリリースすると発表した。同システムはテスラ社電気自動車の自動運転のベースとなる。また、この投稿でマスク氏は、こうしたシステムの開発は彼が以前考えていた以上に困難な課題となると認めた。

マスク氏は実際、結果的には非常に野心的な声明を発表したと見ることができる。たとえば、「Full Self-Driving v9」の配備は、当初、2019年8月と約束されて、同氏はこれを2029年に公言している。そして2021年の今、テスラ社代表がそれでも自身の約束を守るチャンスがある。

2020年10月からテスラ社は、参加者を限定した上で、「Full Self-Driving (FSD)」のフルアップデートのテストを行った。このプログラムに関しては、現在の第2レベルから最高値の第5レベルまで自動運転を引き上げるよう求められており、それによって同社自動車に長く約束されていた、ドライバーのいかなるサポートもなく自力で移動する能力を保障することになる。

テスラ(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2021
「オートパイロット」のテスラ車「非常灯」を認識せず 米ミシガン州で警察車両に衝突
テストの数ヶ月間にテスラ社はFSDのアップデートを何度か行い、2020年末にFSD搭載のModel 3のテスト車両の1台がサンフランシスコからロサンゼルスまでほぼ完全な自動運転を行い、現在米国のみに限定されているプログラムが最大2000の関係者まで拡大された。

また、テスラ社は自動運転の開発戦略の変更を発表した。同社はレーダーの使用を徐々に廃止し、カメラだけでナビゲーションを行う自動運転の新たなバージョンに移行する。また、同社は、ドライバーの厳重な監視の実施について専門家や規制当局から何度も勧告を受けたことから、自動運転の実行時に、ドライバーの注意を追跡するために車内でのカメラの使用を開始した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала