登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

祝日本進出!ギネス記録を持つロシアのアニメ「マーシャとくま」制作スタジオ見学「日本で愛される存在に」

© 写真 : Animaccord1-Главное фото マーシャとくま「だいしっぱい」
1-Главное фото マーシャとくま「だいしっぱい」 - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2021
フォローする
43の言語に翻訳されているロシア発の世界的大ヒットアニメ「マーシャとくま」が、今春から待望の日本進出を果たしている。こども・アニメ専門チャンネル「キッズステーション」での放送、アニメ絵本出版のほか、日本語公式YouTubeチャンネルも開設した。元気で冒険好きな女の子マーシャと、マーシャに振り回されながらも温かく見守るくまの物語は、愛情とユーモアにあふれている。アニメ大国日本への進出は、制作チームの長きにわたる夢だった。スプートニク記者は、モスクワにある「マーシャとくま」の制作スタジオ「Animaccord」を訪問し、日本進出にかける思いについて話を聞いた。

「マーシャとくま」の生みの親、アニメーターのオレグ・クゾフコフさんは、1996年にはすでにアニメの構想を考えていた。それから12年が経った2008年、必要な資金や設備を集め、ようやくAnimaccordを設立することができた。制約の多い既存のアニメスタジオでは、彼が理想とするアニメを作れないと考えたためだ。現在のAnimaccordには、このプロジェクトを心から愛する人たちが集まっている。

© Sputnik / Asuka TokuyamaAnimaccord 10周年記念の集合写真
祝日本進出!ギネス記録を持つロシアのアニメ「マーシャとくま」制作スタジオ見学「日本で愛される存在に」 - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2021
Animaccord 10周年記念の集合写真

くまの「中」の人、実は音響監督

くまの声を担当するのは、ボリス・クトゥネヴィッチさん。かつて国を代表するアニメスタジオ「ソユーズムリトフィルム」や他のスタジオで働いていたが、音響監督としてプロジェクトに引き抜かれた。当初、くま役の声優を探したものの、くまは人間の言葉を話さないので、ボリスさんの求めるものを正確に表現できる人はいなかった。最終的にオレグさんから「もうお前がやってくれ」と頼まれ、音響監督と兼務することになった。

「アニメの立体的な絵に合わせ、全てのディティールまで考えつくされた深みのある音を作りたい」というのがボリスさんのこだわりだ。それを助けてくれるのが少年時代の体験である。まだ小学校低学年だったとき、父親が、友人のダーチャ(夏の別荘)にボリスさんを残していき、ボリスさんはそこで2、3か月暮らした。ダーチャは森と川と沼に囲まれていた。そのとき、自然の中にある、ありとあらゆる音に触れる機会を得た。くまが住む家は森の中にある。「マーシャとくま」には、ボリスさんが体験した、ロシアの豊かな自然が反映されている。

© Sputnik / Asuka Tokuyama音響監督でくま役のボリスさん、初代マーシャ役のアリョーナさん
祝日本進出!ギネス記録を持つロシアのアニメ「マーシャとくま」制作スタジオ見学「日本で愛される存在に」 - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2021
音響監督でくま役のボリスさん、初代マーシャ役のアリョーナさん

ロシア語オリジナルバージョンでは、マーシャの声を子どもが担当している。これはリアリティを追及した制作陣のこだわりだ。プロジェクト開始時、オーディションを経て選ばれたのがアリョーナ・ククシュキナさん。有名俳優らが自分の子をこぞってマーシャ役にしようとしたが、そういう「訓練」を受けた子どもたちでなく、まったく普通の家の子どもである、当時6歳のアリョーナさんが選ばれた。そういう子はマイクの前で演技などできない。アリョーナさんのお母さんが側につき、笑わせたり、困らせたり、時にはくすぐったりして、必要な声を出させたのである。

現在19歳のアリョーナさんはすでにマーシャを「引退」し、大学でマーケティングを学んでいる。ときどき、他のキャラクターの役で出演することもある。制作現場の雰囲気はとても温かく、ひとつの大きな家族のようだ。マーシャが引退するときは次のマーシャに色々なことを教えてあげるのも、チームの伝統となっている。

© Sputnik / Asuka Tokuyama作画監督イリヤ・トゥルソフさん。3Dアニメの美しさに目を見張る
祝日本進出!ギネス記録を持つロシアのアニメ「マーシャとくま」制作スタジオ見学「日本で愛される存在に」 - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2021
作画監督イリヤ・トゥルソフさん。3Dアニメの美しさに目を見張る

日本でも愛される存在になってほしい

マーシャがカーシャ(お粥)を作りすぎてしまう微笑ましいエピソード「だいしっぱい」は、YouTubeで最も多く視聴されたアニメとして2019年にギネス記録を達成。この一話だけで再生回数は現在45億回にものぼり、この記録はいまだに破られていない。そして、今年8月にも、全話トータルで1000億回を達成しようとしている。プロデューサーのドミトリー・ロヴェイコさんは、「マーシャとくま」が日本でも広く受け入れられることを期待する。

ドミトリーさん「プロジェクトの当初から、商業的成功を目指すより、質のよいアニメを作ろうと努力してきました。もともとの視聴者は3歳から6歳の子どもを念頭においていましたが、実は大人のファンもたくさん見てくれています。年齢に関わらず、それぞれが自分にとって大切な何かを発見できるアニメなのです。アニメ文化が非常に発達した日本の視聴者の皆さんがマーシャとくまを受け入れてくれたら、私たちにとってそれは非常に高い評価となります。日本でこのアニメが愛される存在になることを願っています。」

© 写真 : Animaccord「だいしっぱい」より。作りすぎたカーシャを森のみんなに食べさせようとするマーシャ
祝日本進出!ギネス記録を持つロシアのアニメ「マーシャとくま」制作スタジオ見学「日本で愛される存在に」 - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2021
「だいしっぱい」より。作りすぎたカーシャを森のみんなに食べさせようとするマーシャ

8月5日からは新シリーズ「マーシャのものがたり」「マーシャのふしぎなおはなし」が放送予定。グッズ販売やイベント開催などのプロモーション活動を進めつつ、複数の大手放送局との協議も進行中だ。日本語版公式YouTubeはこちらのリンクから視聴できる。


関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала