登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「黒い雨」訴訟 二審も被爆者と認める 日本

フォローする
14日、日本の広島高等裁判所において、広島への原爆投下直後に放射性物質を含む「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたとして住民らが訴えた訴訟の判決が言い渡され、西井和徒裁判長は、一審に続いて原告全員を被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう広島市などに命じた。NHKが報じた。

NHKによると、原告は広島市などに住む75歳から96歳までの住民やその遺族84人で、「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたとして、広島市や広島県を相手取り、被爆者健康手帳の交付などを求める集団訴訟を起こした。

昨年7月の一審判決は、原告全員を被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう命じた。

NHKによると、二審の判決で西井裁判長は、一審に続いて原告全員を被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう広島市などに命じた。

関連ニュース

広島知事が援護拡大を要請 「黒い雨」で厚労相に

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала