登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本医学会 条件付きで「子宮移植」を容認 検討委員会がまとめ

妊娠 - Sputnik 日本, 1920, 14.07.2021
フォローする
日本医学会の検討委員会が「子宮移植」に関して臨床研究の実施を少数例に限定し、条件付きで容認する報告書をまとめた。NHKが報じた。

「子宮移植」は、子宮を移植して出産を目指すことが目的とされ、生まれつき子宮がない女性やガンにより摘出手術を受けた方が対象となる。子宮の提供者は親族などが想定される。同手術による出産例は2014年以降、米国やスウェーデンなどの各国で40例が報告されている。

ロラン・シモンス君 - Sputnik 日本, 1920, 07.07.2021
11歳で大学の物理学の学位を習得 人間の不死達成が神童の目的
報告書では、移植手術の負担の大きさや母子の長期的な影響に関して不明な点があることなど十分な説明を行い、当事者が自由意思で移植を希望していることを確実に担保するなど、臨床研究が認められる条件を示している。また、現在は認められていない脳死者からの子宮提供について法令改正を行うことなども提言している

日本医学会は、慶応大学の研究チームが臨床研究の計画を示したことを受けて、実施の承認が得られるかについて、一昨年から移植医療や倫理などの専門家で作る委員会で検討を進めていた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала