登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ミケランジェロにインスピレーション「空中橋」 伊ローマに

© REUTERS / Yara Nardiミケランジェロにインスピレーション「空中橋」 伊ローマに
ミケランジェロにインスピレーション「空中橋」 伊ローマに  - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2021
フォローする
ローマのテヴェレ川の上空に気球で吊るされた橋がかかった。ミケランジェロの未完成作品にインスピレーションを得た仏のオリヴィエ・グロセテット氏のインスタレーションだ。本プロジェクト主催者であるWebuild社が発表した。

16世紀半ば、ローマ教皇のパウルス3世は彫刻家ミケランジェロ・ブオナローティに対し、テヴェレ川に橋をかけるよう命じた。橋は現在フランス大使館のあるファルネーゼ宮と、反対側のファルネジーナ庭園を結ぶ予定だった。ミケランジェロはその仕事を完成することなく1564年に死去した。

レオナルド・ダ・ヴィンチのクマの頭部の素画 - Sputnik 日本, 1920, 09.07.2021
レオナルド・ダ・ヴィンチのクマの頭部の素画、約13億4000万円で落札 最高額更新
ミケランジェロの未完プロジェクトはこの数日間、テヴェレ川上空に18メートルのプラットフォームの形で具現化される。橋は気球で持ち上げられている。インスタレーションは段ボールで製作され、18日が過ぎれば完全に加工されるという。

イベントのオープニングにあたりクリスティアン・マッセ在イタリア仏大使は「ファルネーゼ宮自体がフランスとイタリアを結ぶ橋である。いま我々が目にしている光景は共通のルネッサンスのシンボルだ。また両国の文化が密接に関係し、両国の友情は固く、壊れないことの印でもある」と述べた。

インスタレーション作成者であるグロセテット氏は「この吊り橋は本来、手の届かないものであり、最終的に私たちと自分自身とをつなぐものだ。私たちと『表現できないもの』との関係をイメージしたものでもある」と説明している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала