登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア式サウナ「バーニャ」をこよなく愛する日本人男性、プロが集まる祭典に日本から参加:その奥深い魅力とは?

© 写真 : Goosi-Lebediバーニャ・フェスト
バーニャ・フェスト - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2021
フォローする
23日から25日にかけて、モスクワ郊外の町ノギンスクで、ロシア式サウナ「バーニャ」の国際的な祭典「第12回バーニャ・フェスト」が開催された。健康的な生活スタイルとロシアの伝統文化を広めることを目的に、ロシア中のバーニャ好きやウィスキングマスター(枝葉の束を使ったマッサージ師)、バーニャ製造メーカーなど関係者が集まった。ロシアのバーニャ文化を日本で広める根畑陽一さんも初参加した。根畑さんは以前ロシアに駐在していた際にバーニャを体験し、その魅力にとりつかれた。現在は日本を拠点に会社を立ち上げ、ロシア製テントバーニャの販売などを手がけている。

イベントは、バーニャをメインにしたリゾート施設「がちょう・白鳥」の5ヘクタールの土地を貸し切って行なわれた。オーナーのアナトーリー・チトゥニンさんは、オーガナイザーのひとり。「バーニャの魅力は、余計なものを払い落として、新しい自分に生まれ変われること」と話す。自然に囲まれた敷地内にはサウナルームと休憩室、談話室などを備えた7種類の豪華バーニャがあり、週末ともなると予約でいっぱいになる。

© Sputnik / Asuka Tokuyamaチトゥニンさんからロシア民話集とヴェーニクのプレゼント
ロシア式サウナ「バーニャ」をこよなく愛する日本人男性、プロが集まる祭典に日本から参加:その奥深い魅力とは? - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2021
チトゥニンさんからロシア民話集とヴェーニクのプレゼント

ロシアバーニャの醍醐味は、白樺や樫の木の枝葉で作った「ヴェーニク」を使って身体を叩き、マッサージすることだ。これはウィスキングと呼ばれ、血行促進やデトックスに効果がある。やみくもに叩けばいいというものではなく、バーニャに対する深い知識や高い技術が要求され、一人前のマスターになるには何年もかかる。

バーニャ・フェストでは、地方予選を勝ち抜いたウィスキングマスター達がロシア一の称号をかけて技を競い合った。根畑さんも、オンラインレッスンやウィスキングマスターのもとでの修行などを通し、技術を磨いてきた。その努力が認められゲスト出演することができた。

根畑さん「ウィスキングは、家族や友達など身近な人を喜ばせたい、健康にしてあげたいという気持ちで習う人が多いです。僕はまだこの世界のスタート地点に立ったばかり。バーニャにはマッサージだけでなく音や香りのヒーリングの要素も含まれていて、人を癒して元気にするための学問だと思うと、とても奥深いです。ロシアはあまり知られていない国ですが、サウナ好きやバーニャ好きが高じて、ロシアに行ってみたいという人が増えればいいなと思います。」

© Sputnik / Asuka Tokuyamaウィスキングのモデルになってくれた女性と。熱いバーニャの中で行なう施術はかなりの重労働だ
ロシア式サウナ「バーニャ」をこよなく愛する日本人男性、プロが集まる祭典に日本から参加:その奥深い魅力とは? - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2021
ウィスキングのモデルになってくれた女性と。熱いバーニャの中で行なう施術はかなりの重労働だ

バーニャというのは単なるリラクゼーションではなく、土地に根ざした文化であり、一つの世界観だ。有名なウィスキングマスターのひとり、スタニスラフ・パニンさんはモスクワ郊外の自宅にプライベートバーニャを構え、1日1名限定でゲストを迎えている。訪れるのは、社会的地位のある30代から50代の男女で、著名人も少なくない。ウィスキングやマッサージ、ピーリングなどを数時間にわたって受け、自分自身の感覚に集中することで、より仕事に励めるようになる。自分の心を見つめるという意味では、座禅やヨガとも共通するものがある。

パニンさん「真のバーニャとは瞑想であり、バーニャを通して本来の自分自身と向き合うことになります。そこに国境や人種の違いはなく、あるのは人間本来の姿だけ。外見は違っても幸せや健康を求める内側の心は共通です。」

© Sputnik / Asuka Tokuyama日本風のお風呂は子どもたちに好評
日本風のお風呂は子どもたちに好評 - Sputnik 日本
1/6
日本風のお風呂は子どもたちに好評
© Sputnik / Asuka Tokuyama
ひもを引っ張ると滝のように水が出てくる - Sputnik 日本
2/6
© Sputnik / Asuka Tokuyamaコンパクトなモバイルバーニャ
コンパクトなモバイルバーニャ - Sputnik 日本
3/6
コンパクトなモバイルバーニャ
© Sputnik / Asuka Tokuyamaテントバーニャ
テントバーニャ - Sputnik 日本
4/6
テントバーニャ
© Sputnik / Asuka Tokuyamaヴェーニクの販売
ヴェーニクの販売 - Sputnik 日本
5/6
ヴェーニクの販売
© Sputnik / Asuka Tokuyamaオイルマッサージを受ける根畑さん
オイルマッサージを受ける根畑さん - Sputnik 日本
6/6
オイルマッサージを受ける根畑さん
1/6
日本風のお風呂は子どもたちに好評
2/6
3/6
コンパクトなモバイルバーニャ
4/6
テントバーニャ
5/6
ヴェーニクの販売
6/6
オイルマッサージを受ける根畑さん

バーニャフェストの敷地には大小あわせて約50のバーニャがあり、実際に入って比べることができる。値段は設備や素材によって大きく異なるが、モバイルタイプなら50万円ほどで標準型が買える。従来の小屋タイプと違って最低限の設営作業ですみ、配達されたその日に使うことができるため、人気を集めている。根畑さんは「全てのバーニャに寝転がれるスペースがあり、ウィスキングする前提になっているんです。普通に座るだけでなく、こういう楽しみ方があるということも含めて日本に広がってくれたら」と話している。


関連記事

格安のロシア式サウナ「バーニャ」に行ってみたら大満足!地元の人と楽しい交流

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала