登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

コロナ罹患318日間の患者 ロシア人研究者らが免疫応答を回避する変異株を発見

© Sputnik / Iliya Pitalev / フォトバンクに移行コロナ罹患318日間の患者 ロシア人研究者らが免疫応答を回避する変異株を発見
コロナ罹患318日間の患者 ロシア人研究者らが免疫応答を回避する変異株を発見 - Sputnik 日本, 1920, 31.07.2021
フォローする
ロシア人研究者らは、今までで最長の318日もの間、コロナウイルスに感染し続けていた患者の例を研究し、この患者の体内に免疫細胞を回避することができる変異株があることを発見した。

専門家らは、患者のコロナウイルスが休みなく変異し続けていたことを明らかにした。ウイルスは長期間体内に留まることで変異株を蓄積し、これによって免疫応答を回避し続けていた。

新型コロナ - Sputnik 日本, 1920, 30.07.2021
ドイツでコロナウイルスのブロックに有効なナノボディを開発
この患者は感染の全期間を通して、同じ種類のウイルスに罹患していた。新型コロナウイルスのゲノムデータも収集、保存している鳥インフルエンザ情報共有の国際推進機構(GISAID)にはこれと似たサンプルは登録されていないことから、患者自身はこのウイルスを拡散していなかったものと考えられている。

研究者らは「ウイルスは合計40の変異株を増やしていた。この変異の速度は通常の拡大よりずっと速かった。これだけ高速の進化はウイルスが人体の内部に存在し続けるために、よりよく生き抜き、またはより速く数を増やす変異株を作りながら、適応していったことを示している」と指摘している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала