河野ワクチン担当相、3回目は「来年打つことになるのではないか」=産経新聞

© REUTERS / Dado Ruvicファイザー製ワクチン
ファイザー製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 01.08.2021
日本の河野太郎ワクチン担当相は31日のインターネット番組で、新型コロナウイルスワクチンの「ブースター」と呼ばれる3回目以降の接種について「来年打つことになるのではないか」との見通しを示した。産経新聞が報じた。

「ブースター」については、イスラエルが世界で初めて導入を決めている。

産経新聞によると、河野氏は「日本も来年、ブースターを打てるようにワクチンを確保しなければならないということで、いろんな交渉をやっている」と述べ、「来年打つことになるのではないか」との見通しを示した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала