登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

体操女子床運動で日本とロシアが銅メダル 日本女子は57年ぶり 東京五輪

© Sputnik / Grigory Sysoev / フォトバンクに移行日本の村上茉愛選手
日本の村上茉愛選手 - Sputnik 日本, 1920, 02.08.2021
フォローする
東京オリンピックの体操女子種目別床運動の決勝で、日本の村上茉愛選手とロシアのアンジェリーナ・メルニコワ選手が14.166点で並び、銅メダルを獲得した。

NHKなどの日本のマスコミによると、日本が体操女子でメダルを獲得するのは1964年の東京五輪以来、57年ぶり。

​金メダルは米国のジェイド・キャリー選手(14.366点)、銀メダルはイタリアのバネッサ・フェラーリ選手(14.200点)、銅メダルは村上選手とメルニコワ選手(14.166)が獲得した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала