空手女子形 日本の清水選手が銀 金はイタリアのサンチェスハイメ選手 東京五輪

© REUTERS / Carl Recineサンドラ・サンチェスハイメ選手
サンドラ・サンチェスハイメ選手 - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2021
東京オリンピックの新競技、空手の女子形で、スペインのサンドラ・サンチェスハイメ選手が日本の清水希容選手を破り、オリンピックの空手競技で史上初の金メダルを獲得した。

サンチェスハイメ選手は決勝で清水選手と対戦した。サンチェスハイメ選手のポイントは28.06、清水選手は27.88だった。銅メダルはイタリアのビビアナ・ボッタロ選手と香港の劉慕裳選手。

空手は東京オリンピックで初めて正式種目に採用された。空手女子欧州チャンピオンのロシアのアンナ・チェルニシェワ選手は、新型コロナウイルス検査で陽性反応となり、東京オリンピックに出場することができなかった。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала