登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス

羽田空港 ラムダ株確認 日本国内では初

羽田空港 - Sputnik 日本, 1920, 07.08.2021
フォローする
日本・東京の羽田空港で新型コロナウイルス変異株「ラムダ株」が確認された。ラムダ株は南米などで感染が広がっており、日本国内での確認は初。感染力などは不明。朝日新聞が報じた。

厚生労働省の情報として朝日新聞が伝えたところによると、ラムダ株は7月20日にペルーから羽田空港に到着した30代女性から見つかった。同株の感染力やワクチン効果への影響についてはわかっていない。

ラムダ株はペルーで最初に発見され、南米で感染が拡大している。世界保健機関(WHO)は6月に「注目すべき変異株(VOI)」に分類。ただし現時点では、感染力が強い「デルタ株」などの「懸念すべき変異株(VOC)」よりも警戒度は低いとされている。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала